最強の記憶術(記憶に残る確率をあげるインプット方法)

はじめに

あなたは記憶するためにどういった事を意識していますか?



僕は頭が悪かった時は、「綺麗なノートにしよう!」とだけ意識して情報をまとめていました。


ですが、ここで記載する術を応用する事でテストの点数は平均点が二倍ほどになりました

(昔平均点数が少なくとも50点以下だった。という事は触れないでください。笑)



困っている人は、ここでの術を100%実践してください!


特に困っていない方は、自分のやり方が本当に正しいか、正しくないかの確認としてでもいいと思います!



記憶術6項
1、ノートは必ず取るべき

人は理解度を高め、記憶の定着を高めるならば手書きのメモが絶対にいいです。


特に絶対に忘れたくない内容は、写真、音声ではなく手書きで書き記しましょう!



2、量は多ければ多いだけいい

言葉には意味があり、それには何かしらの繋がりが多く存在します。


付加情報はその情報の記憶を深めるだけでなく、インパクトにも残りやすいです!



3、システム化しろ

ただノートを書くだけでなく、何かしらのシステムを作りましょう!


・例えば

勉強中に思った、質問(疑問)、自分の答え、実際の答え。



4、絵や図にして書く

自分が理解できればいい!


絵や図で理解した事は、長期記憶される事が証明されています!



5、ライトアゲイン

一度書いたノートの書き直しは意味はあります。

インプットの質が良くなります!


その際に、自分以外のノートと比べるとかなりいいです!


どこが重要だったのか。自分の理解が正しかったのか。理解できる作業は意味はありますよね!



6、持つべき意識

・どうしてノートを取るのか。

・どうやって書くのか。

・どうして勉強する必要があるのか。


この様に自分の行動に疑問を持ち、それを対処しながら書く事で倦怠期の様なものが来にくくなりますし、モチベーションも確立できます!



まとめ

どれも実践可能なノウハウですよね!


この内容もノートに書きましょう!より記憶に定着させてくださいね!



ここで肝になるのは、どういったシステムでノートを書くのかですね!


いいね」と

学びなどを「コメント」してください!


知識は今すぐアウトプット


〜限定公開〜

月額4950円

破格の値段、会員限定で”人生得する情報”を配信しています!


具体的には、「世界最高峰のノート術」「説得力の確率を高める科学的根拠」「選択論」「情報の扱い方と自己向上論」「応用可能最強営業術」「誰にでもできる起業術」など企画してます!


今後、コメントに対応して作っていきます!

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

元ハーバードの、ビジネススクール名誉教授 〜セオドア・レビット〜 大切なのは製品ではない。顧客を創り出し満足させる事だ。 これだけでは「ん??」ってなりますよね笑 経済の流れにうまく乗れないと商品は陳腐化します その原因は「市場の衰退化ではない」という考えです! 商品の陳腐化は、 「マーケティングの努力不足」である。簡単な言葉にいうと経営の失敗ですね!! どの様に作り出すことがベストか 衰退化しな

「あの時こうしていたらよかった」と思ったことありますよね? 「頑張れていたらプロに慣れていたかも。」 「ここに行ってたら、〜はならなかった」 など、あると思います! これは僕の持論であったのですが、知人と話した際「その考え数万のセミナーとかで聞く内容だよ。。。」と言われました! この考え方ひとつで成功するものではないですが、一歩近づく事は間違い無いです!! 身につけ、確実に過去にとらわれなくなる未